お知らせ
パソコンを見ている女性

まず1つ目に大切なのはコンテンツ量です。
中古ドメインは確かに強力ですが、ドメインパワーだけで上位に上がることは難しく、トップページのコンテンツ量を増やすことやベージ数を増やしてロングテールを拾っていくことが求められます。
中古ドメインだけで上位表示できるわけではないので注意してください。

次にサイトで狙っているキーワードのバックリンクを送ることです。
中古ドメインには以前使っていたサイトのバックリンクがあります。
関連サイトはもちろん旧サイトのものとなるので、新しく狙うワードを追加する必要があるのです。
この作業が最も重要だと言われており、既存のリンクが多ければその分リンク数が必要になります。
既存のリンクが少なければ、本数は少なくて済みますがドメインパワーが弱いというわけです。

最近はバックリンクを使ったブラックSEOの評価をGoogleが下げる傾向にあり、バックリンクドメイン数は少ないほうがよいかもしれません。
ただ、バックリンクが全くないサイトでは上位表示するのに時間がかかるうえ、莫大なコンテンツ量が必要となります。
適度なバックリンク数が一番よいというわけです。
適切なリンク本数は20本や30本、100本など様々な通説があります。
○本送っておけば大丈夫というわけでもないので、それぞれが検証してみる必要があるでしょう。

アンカーテキストに関してもリンクを送るときは重要です。
同じキーワードばかりでリンクを送ればスパム扱いになる危険性もあります。
ただリンク効果としては明確に強くなるので、その取捨選択は大切でしょう。
文章にしてリンクを送ればスパムになることはありませんが、リンク効果が分散してしまいます。
キーワード単体はあまりリンクとして良くないという意見もあるので、そのあたりも加味したアンカーテキストを決める必要がありそうです。

あとはリンク本数を減らすというのも効果的かもしれません。
減らせるのは自分で送ったリンクだけですが、過剰リンクが原因で上位表示せずにリンクを外したら順位が上がったというケースもあるようです。
リンクに関しては毎日Googleのアルゴリズムが変更されていることからもその都度確認する必要がありそうです。
中古ドメインも上手につかえば、上位表示に役立つことは間違いありません。
上記ポイントを抑えつつ、上位表示目指してコンテンツ作りしてください。

記事一覧

中古ドメインはさまざまな良い効果が期待できるので人気がありますが、注意したいのはどこで取得するかです...

中古ドメインが話題になっていますが、サイトの価値が上がるということについて実際に理解している方は少な...

中古ドメインが新しいサイトに大きな効果を出してくれると期待されています。 ポイントとなるのは検索順位...

中古ドメインがもてはやされていますが、どのドメインを選んでいいか分からないという方も多いようです。 ...

閉鎖されたサイトがあったらドメイン情報をチェックし、廃棄されたなら引き継いで新規サイトに利用したいも...

中古ドメインは、すでに利用されていたインターネットの住所であるドメインを購入して利用するというもので...

ウェブサイトにおいてドメインはとても重要ですが、特に中古ドメインを利用して運用されるウェブサイトに注...

本格的にWEBサイト運営を行っていく上で、ドメインを取得するのはもはや必須事項と言えるでしょう。 特...

中古ドメインを取得し、使用すると本当に順位が上がるのか、半信半疑の人が多いでしょう。 やはりアフィリ...