中古ドメインとGoogleサジェストとヤフオク

中古ドメインが新しいサイトに大きな効果を出してくれると期待されています。
ポイントとなるのは検索順位とバックリンクです。
どちらも新規サイトにはすぐに用意できないものであり、PVに大きな影響を出すポイントでもあります。
中古ドメインはこれらを短時間に確実に提供できると期待されているのです。
しかし、なんでも良いから中古ドメインを選んだという方も多いのですが効果が認められず困ってしまう方も少なくないようです。
中古ドメインを選ぶ際はいくつか必ず調べておきたいポイントがあります。
その一つが検索サイトでのドメイン検索です。

ドメイン検索は検索サイトでの調査時点での評価が分かります。
Googleサジェストでも分かる場合もありますが、ドメイン検索のほうが確実です。
どのような記事が評価され、検索順位が出ているかが分かります。
また、インデックスではキーワードが出てきますからGoogleサジェストとも合わせて評価することでサイトのカテゴリを決める事ができます。
カテゴリがあっていないとせっかくの検索サイトでの評価を失う事になります。

検索サイトでの評価は新しいアルゴリズムで検討されたものであり、多くはカテゴリが同じでないと評価を引き継げないばかりか、消されてしまう可能性が高いです。
特に新規サイトがコンテンツがしっかりしていればしているほどカテゴリ外として評価はされない傾向が強いです。
逆にしっかりカテゴリがあっていれば評価が上がり、検索順位がいきなり上位になることも多いです。
新規サイトで検索順位を上げたいならコンテンツの核は同じにしていないと損をします。

中古ドメインを利用する理由の一つにバックリンクがあります。
バックリンクはウェブサイトやSNSからのリンクのことをいい、検索サイトで高い評価を受けるだけではなく、PVも安定して得られることが多いので注目されています。
しかし、単にバックリンクが多ければいいということではありません。
重要なことは適切なリンクがあるということです。

例えばリンク切れが多い場合は価値が下がります。
そのため、新規サイト側でリンクを合わせる必要があるのですが、相対パスになっていない場合は手作業での合わせ作業となるので大変です。
ヤフーオークションでリンクが長く残っているのはバックリンクとして重要であるからと考えられています。
新規サイトにおいても相対パスであれば対応しやすいですからドメインを探す際はリンクの形式もチェックしておくと安心です。