中古ドメインを使って順位が上がりやすくなる理由

サイトのURLとカーソル

中古ドメインを取得し、使用すると本当に順位が上がるのか、半信半疑の人が多いでしょう。
やはりアフィリエイトをしている人にとっては、中古ドメインで順位を上げていく方法が欠かせないようです。

良い中古ドメインをまずは見つける
取得したのはいいけど、ブラックリストドメインだとどうしようもありません。
ですので、はじめにブラックリストドメインかどうかを調べる必用があります。
aguseというウェブ調査サイトで、チェックしてみましょう。
調べたいドメイン名を入れて、「検索」をクリックして下さい。
表示情報の一番下にスクロールすると、その他の情報欄からブラックリスト情報の確認が出来ますので、判定結果が「〇SAFF」なら大丈夫です。
中古ドメインで順位を上げよう
良いオールドドメインを使うことが順位を上げる条件になってきますが、これはSEOの手法の一つと言えます。
悪いオールドドメインでは効果がありません。
良いオールドドメインであれば、一気に順位を上げることが出来ます。
よく順位を上げる手法として、サイトの情報量を増やすという手法がありますが、良いオールドドメインを使えば簡単に順位が上げられます。
なぜ順位を上げることが出来るのか?
古くから使用されてきたドメインは、いろんなサイトなどの媒体より被リンクを沢山得ている可能性が高いからです。
ドメインは、運営期間が長ければ長いほど、検索エンジンからの評価も高くなってくるので、新規ドメインでサイトを育てていくより、結果を早く出せる可能性があると言えます。
新規ドメインではダメなのだろうか?
新規ドメインでの運営が悪いわけではありませんが、取得後3ヶ月~半年、あるいは半年~1年ほど時間がかかりますし、検索順位も上がりにくいので、上位表示が難しく皆さんに見てもらえない状態が続くと予測されます。
アクセスを集めるのが、とても大変になってしまいます。
いきなり結果を出すことが可能
新規ドメインではなく、中古ドメインを活用して新たなホームページを作成すれば、運営開始直後からいきなり上位表示されるということが起こります。
上位表示されれば、クリック率も上がりアクセス増加も見込めます。
まずは大勢の人に見てもらわなければビジネスになりませんので、アクセスを簡単に増やす手段としてとても有効です。

オールドドメインを使用する方法は、サイト運営のスタートを楽にする手段の一つにすぎないので、これをきっかけにサイトのコンテンツを充実させていくことにも力を注いでいけば、アクセスが高い高順位を保てるサイト運営が出来ていくことでしょう。

◎中古ドメインはなぜSEO対策に有効なのか?
中古ドメインには運用されてきた過去があるので、ドメインエイジがありGoogleにインデックスされるのが早いといわれています。
また質のいい被リンクを多く受けているものもあるため、検索上位に表示されやすくなります。
これらのことから中古ドメインでSEO対策を図ることができるのです。